ユダヤ式記憶術というのは、カバラ思想やヘルメス学などの影響を受けた記憶術なので、その起原はとても古いものとなっています。 この記憶術を独自に改良して日本に伝えたのは松平勝男氏です。 松平氏自身もこの記憶術を用いて、東京大学法学部、東京大学大学院に合格し、語学においてはなんと40ヶ国語も話せるようになりました。 試験などでは、必要なことを長期間記憶に残すのはもちろん、いざという時にすぐに思い出せるようでなければなりません。 このユダヤ式記憶術ならば、それが可能となっています。 また、日本史や世界史などの暗記することが多い分野に適している記憶術です。 ユダヤ式記憶術では、覚えたい対象のものを時系列、因果関係、前後関係、対立関係というように関連付けて整理します。 通常は図表やグラフなどを用いるようなことでも、シンプルな体系図を作り出すことで記憶されやすくなり、すぐに思い出すことができるようになるでしょう。 ユダヤ式記憶術は、誰にでもできる方法なので、他の記憶術を習得しようとして挫折してしまった人にもオススメです。